ブリーチ剤を使ったカラーリング

メインイメージ

ブリーチ剤を使ったカラーリング

カラーリングの中でも、ブリーチ剤を使った方法は頭髪に与えるダメージが多大といわれています。
ヘアカラーやヘアマニキュアは、髪に色素を染色する方法ですが、ブリーチは髪の色素を抜くことで髪の明るさをアップさせます。
ですから、アッシュなど、難しい色にするのは難しいのですが、ブリーチは放置する時間を調整することで違いが随分と出るのが特色といえます。
思い切り金髪にしたり、白に近い金髪を希望するというようなケースだと、ヘアカラーやヘアマニキュアを行っても満足のいく仕上がりにはならないはずです。
こういったときは、ブリーチ剤を利用するカラーリングが向いています。
頭髪の潤いを維持するには髪の毛をコーティングしているキューティクルのケアが重要なのですが、ブリーチを行うと、このキューティクルがなくなってしまうのです。
ですので、ブリーチを使ったカラーリングを希望するのであれば、髪の水分が抜けてパサパサになるのは仕方ないことです。
薬剤を付けてから放っておく時間やどこのメーカーの商品にするかに応じて髪への影響には差が生じますが、ブリーチすればするほど髪には悪いといえます。
あとは、完全な金髪あるいは明度の高い色の髪に仕上がるので、その落差で新しく伸びた黒髪が悪目立ちしてしまいます。
ですから一定のサイクルでブリーチを行わなければいけませんが、出てきたところだけ上手い具合にブリーチしなければ、髪の損傷はさらに大きくなります。
短い時間でビックリするほど色が抜けるので、カラーリングにブリーチを選ぶなら必ず数分ごとに確認をして、程良い明るさで終わらせる必要があります。

 

大阪 足やせエステ
大阪@足やせエステの口コミ&お得なサービス