一時染毛剤

メインイメージ

一時染毛剤

カラーリングをするための商品の中には、一時染毛剤と言われているものが存在します。
こちらは、1日限定でカラーリングが叶う種類で、シャンプーをするとあっという間に色が落ちます。
カラーリングが校則で認められていない生徒が休日だけ使ったり髪の色を変えておしゃれをするのに用いるケースがあります。
スプレー式の場合が多々あり取り扱いも難しくなく、初めて使う人でも鏡を見れば偏らないで染められるはずです。
加えて、インドに自生している低木植物であるヘナを原料とした商品もあります。
安心して使える染毛量と広く言われていて、頭皮にとってのマイナス点がほとんどないのが良いところです。
ブリーチやヘアカラーなどと比較検討すると、ヘアマニキュアが損傷があまりないといわれていますが、そう言いつつも皮膚が外部からの刺激に弱い人なら、痛みや痒みが生じることも考えられます。
そうはいっても、ヘナであれば植物を元に開発された商品となるので、肌が弱くても問題ないことが多いようです。
おまけに、ヘナを用いれば一緒にトリートメントをしたも同然となるため、色の変化だけでなく髪に潤いももたらすのです。
明確な色の違いはさほどないでしょうが、大半がお風呂で使うことが可能な染料剤となるので、気軽に色を変えたい人にふさわしいタイプとなっています。
長期的に色がついたままではなく、1〜2週間もすれば地毛の色に戻るようです。
ダメージが目立つ髪に使用しても問題ないので、しょっちゅうカラーリングを試みていて、頭髪が傷んでしまっている人はヘナによるカラーリングが適しているでしょう。