パッチテスト

メインイメージ

パッチテスト

自分でカラーリング剤を用いて髪の色を変える場合、パッチテストは忘れないで実施しましょう。
パッチテストは、そのカラーリング剤を使ったら肌がかぶれてしまわないか明らかにするための手段となります。
煩わしく思ってパッチテストを省略して染めた場合、皮膚がかぶれたり、痛みを感じてしまうことがあるので注意が必要です。
誰でも炎症を起こすということではないですが、敏感肌の人には特に慎重になりましょう。
また、それまでに同じ商品でテストしたことがあるからもう必要ないと早合点するのは良くありません。
環境や健康状態次第で肌の調子には差が生じますから、可能な限りいつもパッチテストを実施することが望ましいです。
もしパッチテストやカラーリング中に異変を感じたら、それからあとも再度類似した症状が現れると考えていいでしょう。
パッチテストの方法は商品の説明書に書いてあるので、必ずこちらを読みましょう。
通常の手順は、カラーリング剤自体を使ってテスト薬剤を作って、二の腕の内側などの人の目に触れないようなところにちょっとだけつけておき、放っておきます。
48時間そのままにして反応を見たいので、パッチテストの後にはできる限りお風呂に入るのはやめ、風呂に入るならパッチテストのところは水に触れないように用心します。
パッチテストの最中に皮膚に異常があった場合、瞬時に取り除きましょう。
中には専門的な治療を受けることになる場合もあるため、腫れやかゆみの症状が重いというときは医師に相談しましょう。
それから、パッチテストで肌が変調をきたすと、カラーリング剤は使えないことになります。

 

中折れ防止サプリ
中折れ防止サプリの人気ランキング!