色ムラに注意

メインイメージ

色ムラに注意

自宅でカラーリングをしているものの、毎回色ムラが出てしまうので困っているということもよくあるでしょう。
一番の要因は、塗り残しがあるということで、とりわけ塗り忘れが多い箇所はというと、頭部の背面と耳の後ろのあたりです。
自分では点検するのがかなり大変なポイントと言えるため、合わせ鏡などで後ろを見たり、家族に最終確認をお願いするのも一つの手です。
それから、カラーリング剤を塗り終えたあとに薬液が髪にムラなくつくように櫛目の粗いブラシでとかすと良いでしょう。
髪全部につけたら、髪をアップにし、ビニール製のヘアキャップをかぶるようにすると全体的に色が入る可能性が高まります。
ただし、あまりにも室温が低いとうまく色がつかない可能性があるため、カラーリングをするなら暖房をつけておきましょう。
これらのことを実行しても全体的に色がつかないという人は、薬剤が不十分なのかもしれません。
商品で差はあるのですが、ほとんどの商品はカラーリング剤1つでセミロング程度の髪量を染められます。
セミロング以上の長さの髪だったり、毛髪がたくさんあるということなら、1箱ではまかないきれず、ムラが発生するときがあります。
髪を染めている間に薬剤が不足してしまっても、そのまま店に行けるわけはありません。
こういうときのために、1箱で足りたときは次回以降に生かせば問題ないと思うようにして、カラーリング剤を2セット購入しておくことをお勧めします。

 

シミ取りクリーム ランキング
シミ取りクリームの人気ランキング★